住宅展示場

ローコスト住宅と高級住宅

ローコスト住宅と高級住宅
私のイメージでは

 

ローコスト住宅会社のモデルハウス:現実的な仕様で実際に建つ家の程度が解る。

 

高級住宅会社のモデルハウス:センスの良さ・ゆとり等、「こんな家に住みたい」と思わせる。

 

対象的だと思います。

 

モデルハウスの中に入ったお客様は

 

「思ったより中々良いんじゃない?」=ローコスト住宅

 

「うわ〜っ素敵!こんな家に住めたらいいねぇ!」=高級住宅会社

 

実際の商談に入った時、ローコスト住宅はモデルハウスがベースとなり、そこに必要があればオプションを追加して行く進め方。

 

一方、高級住宅会社は、展示場で観た素敵な仕様から差し引いて行く進め方になる訳です。

 

又、オプションの話をした時点で、追加金額がすぐに解るのも、ローコスト住宅メーカーの特徴。

 

オプションの単価表を事前に準備しているので、追加金額を即答できるんですね。但し、オプション項目が決めてあり、そこから選ぶ事になりますが。

 

その場で請負契約金額を正確に出す事もできるので、気に入って頂ければ、モデルハウス案内中に契約日の設定をする事も可能な訳です。

 

高級住宅会社では、この様な話の進め方は無理でしょう。

 

プランの修正にも数日かかるでしょうし、合わせて金額を出すにもやはり時間がかかります。

 

しかし、家が建つまでに係わるスタッフの数は、高級住宅会社の方が多く、よく言われる「提案力」も上でしょうね、あなたのマイホーム計画に対して割ける時間が違いますから。

 

この辺の満足感は、中々ローコスト住宅会社にはまねの出来ない点だと思います。

 

親からの援助が有る方、自力で建てる方、状況は様々で、マイホームに対しての価値観も違う。

 

どちらが良いかは、各自が決める事ですが、高級住宅会社に対する「信頼感」「ステータス感」というものは、昔から有るのでしょうね。

 

中古の戸建てを購入しリフォームをかけ、綺麗に仕上げて売られる物件も最近は人気が有る様です。

 

選択肢が増えているこの時代に、我が家を持つ皆様も色々悩みますよね。

 

何れにしても、新居が完成し引っ越しした後にやってくるのは、毎月の支払い。無理の無い持ち家計画を進めて下さいね。

スポンサードリンク