住宅展示場

住宅の価格の差

住宅の価格の差って
建物の価格差って随分ありますね。この価格の差は何?っていうお話をお伝えしますね。

 

今時の建物は、躯体の耐久性についての差は無いと私は思っています。小規模の地場で展開している住宅会社も全国展開している大手住宅会社も、木材を調達するプレカット工場は同じだったりします。

 

これはツーバイ工法のパネルにも言えますね。

 

つまり、建物に使われる柱やパネルの質に大きな違いは無いという事です。

 

施工技術はどうでしょう?

 

どこの住宅会社も自社の施工業者として認めたところを使っているのですが、現場数が多くなってくると孫請けとしてスポットで入る業者も出てきます。

 

これも、小規模・大手関係なく実際にある事なので同じといえます。

 

なので、建物の耐久年数は大きく違わない。

 

外部・内部に使われる様々な仕上げ材etcとなると、やはり金額の高い安いで違いはでてきますね。

 

外壁仕上げがサイディングボードorタイルやレンガ

 

室内フローリングの厚み・表面加工の程度

 

室内建具の品質・デザイン性、サッシの性能

 

採用される住宅設備のグレード

 

換気システムの性能

 

屋根材の違い

 

この辺は違いありですね、同じだったら変です。

 

建物の化粧に使う外・内の仕上げ材は、高い価格の物を使っていて、見た目の高級感を演出してるのですが、その他、やはり、人件費・広告が違う。

 

広告宣伝費が違うのは、皆さんすぐにイメージできますよね。

 

そして、人件費。これはスタッフの人数の違いです。

 

ローコスト系の住宅会社は、プランの打合せ時は営業マンがPCソフトを使って作成して行くケースが多いです。

 

その為、営業マンでも構造的に問題の無いプラン提案が出来る様、社内ルールを決めマニュアルを作りそれに従って作る訳ですね。

 

一方、大手高級住宅会社は、営業マンによっては初期段階のプランを自分で作る人もいますが、話が進んで行けば設計担当者が都度、あなたへの提案プランを作ります。

 

そして、インテリアコーディネーターがお世話し、夢と希望を膨らませながらマイホームを形にして行く。

 

1人のお客様に対してお世話するスタッフの人数が違うんですね。

 

ですから、1件のお家から生み出さなければならない利益率も高くなります。

 

スポンサードリンク